【お得な制度】NISAとつみたてNISAとは?

お金
メェ子
メェ子

ねぇねぇ、頑張って節約してお金を貯金してるんだけど、なかなか貯まらないんだけどどうしたらいいかな?

ペン太
ペン太

貯金が貯められてるなら、その一部を資産運用にまわして増やしてみるといいよ。
今なら『NISA』か『つみたてNISA』といった、お得な制度を使って資産運用できるよ。

結論

『NISA』か『つみたてNISA』を活用してお得に資産運用しよう
・NISAがオススメな人:積極的に投資に関わりたい人
・つみたてNISAがオススメな人:投資に時間や労力をあまり費やしたくない人

スポンサーリンク

NISAとつみたてNISAとは?

メェ子
メェ子

NISAってときどき聞くけどなに?

NISAとはイギリスのISA(Individual Savings Account:個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISA(Nippon Individual Savings Account)の頭文字から作られた言葉でニーサと読みます

スポンサーリンク

NISAとつみたてNISAのメリット・デメリット

メリット
  • 投資で得た利益(売却益・配当金)が非課税になる
デメリット
  • 損益通算ができない
  • 対象商品が限られている
  • 投資枠が限られている

メリットよりもデメリットの方が多く上がっていますが、メリットの恩恵の方が大きいのでデメリットはあまり気にしなくても大丈夫です。

メリットの売却益と配当金にかかってくる税金が非課税になる点は重要なので説明します。

スポンサーリンク

売却益と配当金とは?

売却益とは株式や投資信託などを購入した時の金額と、売却した時の金額の差額による利益のことです。

本来であれば売却益や配当金には20.315%の税金がかかります。

例えば、100万円で買った株式が売るときに110万円になっていたとします。

この場合110万円(購入価格) – 100万円(売却価格) = 10万円(売却益)です。

この10万円の売却益に、20.315%の税金がかかるので、実際に売買によって得られる利益は税金の2万0315円を引いた7万9675円です。

メェ子
メェ子

せっかく利益がでても20%も税金として引かれるの!?

ペン太
ペン太

そうだね。
長期投資の方が有利と言われる理由の1つだね。

一方で、配当金にも売却益同様に20.315%の税金がかかります。

配当金は、会社が稼いだ利益の一部を株主に支払うお金です。

例えば、株主ひとりあたりに10万円配当金を支払ったとします。

この場合株主は10万円をそのまま受け取れるわけではなく、税金の20.315%の2万0315円が引かれた

7万9685円が得られます。

スポンサーリンク

メリット

前述したように、本来であれば売却益と配当金には、ともに20.315%の税金がかかります。

この税金を免除してくれる制度が、「NISA」や「つみたてNISA」なのです。

つまり売却益が10万円の場合は、そのまま10万円が得られるし、配当金も、10万円ならそのまま10万円が得られます。

購入口座購入価格売却価格差額税金利益
課税口座100万円110万円10万円2万0315円7万9685円
NISA・つみたてNISA100万円110万円10万円0円10万円

 

スポンサーリンク

デメリット

損益通算ができない

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することです。上場株式等の投資を行って利益(譲渡益や配当など)が出た場合は税金がかかりますが、一方で損失が出た場合には利益から差し引いて、その分だけ税金を減らすことができます。それでもマイナスになった場合、確定申告を行うことで最長3年間損失を繰り越して控除することも可能です。

引用:SMBC日興証券株式会社 ホームページ

つまり、NISAやつみたてNISA以外の口座では株式Aの売買で損失した場合、株式Bの売買で得られた利益の分と相殺してくれるので結果として税金を安く抑えることができます。

対象商品が限られている

このデメリットは特につみたてNISAが影響を選んだ人が影響を受けます。

つみたてNISAは『長期の資産運用』が目的の制度であるため、投機性(ギャンブル性)の低い商品が対象になっています。

言い換えれば、資産運用に向いていない商品はつみたてNISAの対象商品から外されているとも言えます。

投資対象は国の基準を満たした投資信託が中心であるため、短期的に資産を増やすことは難しいけれども、長期的な視点で見たら資産が増えることが期待できる商品が揃えられています。

そのため、オススメできない投資信託は、最初からつみたてNISA対象外なので投資信託初心者の人にとってはむしろメリットにもなり得ます。

投資枠が限られている

NISAは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円までが非課税対象です。

しかし、非課税枠を使い切ったとしても課税対象の口座は通常通り使えます。

そのため、年間120万円もしくは年間40万円以上投資したい人は課税対象口座で投資すればいいだけですので、投資枠が限られていても大きな問題にはなりません。

もちろん課税対象口座で利益が出れば、20.315%の税金がかかります。

スポンサーリンク

まとめ

NISAやつみたてNISAについてメリット・デメリットをまとめました。

 NISAつみたてNISA
対象年齢20歳以上20歳以上
非課税最大期間20年5年
ロールオーバー不可
非課税枠(年)40万円120万円
投資対象一定の条件にあった株式、投資信託、ETF国内・国外の上場株式、株式投資信託
投資方法定期的・継続的に積み立てる方法

制限なし

『ロールオーバー』については複雑なのと、つみたてNISAにはあまり関係のないことなので省略しました。

私としては、基本的に大多数の人にはつみたてNISAをオススメします。

理由は、つみたてNISAは購入商品などの初期設定を済ませてしまえばやることがほとんどないからです。
さらに、つみたてNISAで投資信託による資産運用する場合は、個別株投資などに比べると、日々の投資に割く時間を抑えらる上に、株価の大幅な変動リスクを抑えやすいです。

ペン太
ペン太

ちなみにペン太はつみたてNISAをおすすめすしておきながら、NISAを利用しています。

メェ子
メェ子

完全な裏切りやないか!!

ペン太
ペン太

こっ、これには深くて浅い理由があるんだよ(汗)

NISAを選んだ理由は2つあります。

  1. 個別株投資をしているため
  2. NISA口座を開設したときにつみたてNISA制度はなかったため
ペン太
ペン太

そもそも投資をはじめた時には『つみたてNISA』自体がなかったから選びようがなかったんだよね。
それに個別株投資の方が好きだから、つみたてNISAは向いていないんだよ。

多くの人には『つみたてNISA』をおすすめしているけど、ペン太と同じように投資信託以外にも投資してみたい人はNISAを選ぶのは間違った選択じゃないから、自分の投資手法に従ってどちらの制度を利用するか考えてみてください。

メリットである、『非課税』については比較的分かりやすい内容だったと思います。

一方で、デメリット、特に損益通算は理解するのが難しいと思います。

私としては、損益通算ができないことは、あまり重要でないと考えています。

投資枠が限られていることは、かなり大きなデメリットですが、一般口座を使えば済むことなので、これも大きなデメリットではありません。

投資商品が限られていることは少し困りますが、先ほども言ったように、多くの人には『つみたてNISAを利用して投資信託で投資をする』ことをおすすめしているので大多数の人には問題ないと思います。

つまり多くの人にとってNISAのデメリットの影響はあまりないので、このお得な制度を使わない理由にはならないと思います。

ペン太は、投資を始めるなら『SBI証券』か『楽天証券』をおすすめしています。

こちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

NISAやつみたてNISAもSBI証券か楽天証券をおすすめしているので、自分にあっていそうな証券会社で口座を開いてみてはいかがでしょうか。

ペン太
ペン太

最後まで読んでくれてありがとう。

※ この記事は特定の銘柄や投資手法を推奨するものではございません

投資は自己判断で行ってください

コメント

タイトルとURLをコピーしました